故障の原因と強制終了

故障かなと思ったらスマートフォンを強制終了させよう

時々スマートフォンを利用しているときに、急にフリーズしてしまったり画面がずれてしまったりするトラブルに見舞われてしまうことがあります。そんな時みなさんならどうしますか。
あせってすぐに購入したショップに持ちこむ場合が多いのではないでしょうか。もちろんそれが一番よい方法ではありますが、まずは落ち着いてスマートフォンを強制終了させてみましょう。一スマートフォンの強制終了 度電源を落として強制終了させると、画面が元に戻り通常通り使用することができる場合があります。
スマートフォンは小さな端末の中にありとあらゆる情報を詰め込むので、時々対応しきれなくなる場合があるのです。故障したと思って急いでショップに持って行っても、ショップの店員さんが強制終了させて「元に戻りましたよ。」と笑顔で対応する姿もしばしば見かけます。
必ずしもその方法が正しいとは限りませんし、それでも不具合が続くときにはショップで見てもらわなければならないでしょう。

スマートフォンの故障には二つの原因があります

スマートフォンもまた広義のコンピューター機器に該当します。そのため故障原因にはソフト面の不具合とハード由来のトラブルがあるのです。
まず、画面がおかしい、動作が妙になった、挙動が重たい等の出来事が発生した場合は、スマートフォン内部に原因があります。アプリケーションが必要以上に動作している場合は、CPUやメモリの処理限度を超え、端末の表示や動作がおかしくなります。
また、原因不明のソフト面のトラブルは電源を一度入れ直して再起動する、OS自体のバージョンアップで直る事が多々ありますので、まずは自力で修理を試みましょう。
ただ一方でスマートフォンがハード的に故障した場合は自力解決は無理です。画面が割れてしまった、誤って本体を踏みつけ物理的に破損した等の場合は、購入したお店に相談し、修理を依頼しましょう。液晶画面が破損した場合は修理が高くなります。
またイヤホンジャックに差し込んだイヤホンが根本で折れてしまった等のトラブルもハード由来の故障になりますので、同じく購入店に相談し、適切な処置を受けましょう。

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』
最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>